音声合成のナレーションつきスライドショーを作成する

はじめに

edenでは、パワーポイントのファイルをアップロードすることで、音声合成のナレーションのついたスライドショーをかんたんに作ることができます。音声が終わったら自動で切り替わる設定ができるので、あたかも動画を見ているかのようなスライドショーを作ることができます。自分でナレーションを吹き込む手間がないので、リッチなコンテンツを手早く作りたい時におすすめです。
また、パワーポイントからアニメーションとナレーションを含んだ動画を作成するよりも、ファイル容量を抑えられますので、ディスク容量をスリム化したい場合や、受講者のネットワーク回線が気になる場合にもおすすめです。

1から作成する前に、どんな動きをするか試してみたい方は、下記のサンプルファイルをダウンロードの上、ご利用ください。
サンプルファイル:音声合成スライドショーサンプル.pptx
※こちらをご利用の方は、手順2から操作してください。

手順1. パワーポイントのファイルを準備する

まずはじめに、コンテンツの元になるパワーポイントファイルを準備します。ナレーションを入れたいスライドのノート欄に原稿を入力していく形になります。

MEMO
自動音声でなく、人の声でナレーションを入れたい場合には、こちらをご覧ください。
ナレーションつきスライドショーを作成する

1. 元になるパワーポイントのファイルを開く

元になるパワーポイントのファイルを開きます。

2. ノート欄に原稿を入力する

各スライドのノート欄に、ナレーションの原稿を入力します。一つの文章が長すぎると、ナレーションの読み上げが不自然になってしまうことがあるので、適当な間隔で句読点を入れてください。

3. パワーポイントのファイルを保存する

以上の手順で、パワーポイントの作成が終わったので、ファイルを保存します。

手順2. パワーポイントのファイルをedenにアップロードする

1. edenのチャプター編集画面を開く

edenのチャプター編集画面を開きます。

2. ファイルをアップロードするレッスンセクションを開く

ファイルをアップロードするレッスンセクションを開きます。

3. 「ファイルのアップロード」ボタンをクリックする

「ファイルのアップロード」ボタンをクリックします。

MEMO
本文の枠内に、ファイルをドラッグアンドドロップすることで、同様にアップロードできます。(その場合、下記4の画面は表示されませんので、5以降からご覧ください。)

4. 「参照」ボタンをクリックし、アップロードするパワーポイントファイルを指定する

アップロードするパワーポイントファイルを指定します。

5. パワーポイントファイルの処理方法を選択する

「スライドショー+ナレーションに変換する(ベータ版)」を選択し、「アップロード」ボタンをクリックします。

「アップロード」ボタンをクリックすると変換が始まります。(「パワーポイントを変換中」と表示されますので、変換終了まで待ちます)

6. スライドショーの編集画面が表示

スライドショーの編集画面が表示されます。
ノート欄に入れていた原稿が、キャプション欄に表示されていることを確認します。

7. 自動音声の設定をする

「設定を開く」をクリックします。

8. スライドショーの詳細設定をする

音声合成のナレーションのついた自動で切り替わるスライドショーにするため、以下の設定をし、「閉じる」ボタンをクリックします。

[基本設定]

表示:「キャプションを表示する」のチェックを外す
読み上げ:「キャプションを読み上げる」にチェック

[詳細設定]

用途別の自動設定で「自動再生スライドショー」を選ぶ

MEMO
スライドの下に、読み上げる文字も表示させておきたい場合には、「キャプションを表示する」にチェックを入れてください。
MEMO
キャプションを読み上げる音声は、5種類あります。標準では「日本語(女性)」ですので、それ以外の音声にしたい場合には、▼をクリックして、選択してください。

9. スライドショーを保存する

「保存」ボタンをクリックします。

まとめ

これで、音声合成のナレーションつきスライドショーを作成できました。
ナレーションが終わると、スライドが自動で切り替わることが確認できます。

関連ページ

スライドショーを最後まで閲覧させる
分岐型スライドショーを作成する