自分で吹き込んだナレーションつきスライドショーを作成する

はじめに

edenでは、ナレーションのついたスライドショーを作ることができます。音声が終わったら自動で切り替わる設定ができるので、あたかも講師が説明しているかのようなスライドショーを作ることができます。
動画を撮影するよりも手間なく作成でき、ファイル容量も抑えることができますので、動画の代替手段としてもおすすめです。

1から作成する前に、どんな動きをするか試してみたい方は、下記のサンプルファイルをダウンロードの上、ご利用ください。
サンプルファイル:ナレーションつきスライドショーサンプル.pptx
※こちらをご利用の方は、手順2から操作してください。

手順1: パワーポイントのファイルを準備する

まずはじめに、コンテンツの元になるパワーポイントファイルを準備します。「スライドショーの記録」という機能を使って、ナレーションを録音していく形になります。

MEMO
人の声でナレーションを入れるのではなく、自動音声にしたい場合には、こちらをご覧ください。
音声合成のナレーションつきスライドショーを作成する

STEP1: 元になるパワーポイントのファイルを開く

元になるパワーポイントのファイルを開きます。

STEP2: 「スライドショーの記録」をする

「スライドショーの記録」機能で各スライドにナレーションを入れます。
[スライドショー] タブの [スライドショーの記録] をクリックします。

STEP3: 記録を開始する

「記録」ボタンをクリックして、ナレーションの記録を開始します。
(ボタンをクリックすると、カウントダウンがはじまります。準備ができたらクリックしてください。)

STEP4: ナレーションを入れる

ナレーションを入れていきます。現在のスライドのナレーションを読み終えたら、「次のスライドを表示」ボタンをクリックして進めます。
(ナレーションと共に、スライドを進めたタイミングも記録されます)

最終ページまで進めたところで、「次のスライドを表示」ボタンをクリックすると、記録は終了です。

MEMO
ノート欄に原稿を入れていた場合には、「ノート」をクリックすると、原稿を確認しながら、ナレーションを入れることができます。

STEP5: パワーポイントのファイルを保存する

ナレーションを入れられたので、ファイルを保存します。

手順2: パワーポイントのファイルをedenにアップロードする

STEP1: edenのチャプター編集画面を開く

edenのチャプター編集画面を開きます。

STEP2: ファイルをアップロードするレッスンセクションを開く

ファイルをアップロードするレッスンセクションを開きます。

STEP3: 「ファイルのアップロード」ボタンをクリックする

「ファイルのアップロード」ボタンをクリックします。

MEMO
本文の枠内に、ファイルをドラッグアンドドロップすることで、同様にアップロードできます。(その場合、下記4の画面は表示されませんので、5以降からご覧ください。)

STEP4: 「参照」ボタンをクリックし、アップロードするパワーポイントファイルを指定する

アップロードするパワーポイントファイルを指定します。

STEP5: パワーポイントファイルの処理方法を選択する

「スライドショー+ナレーションに変換する(ベータ版)」を選択し、「アップロード」ボタンをクリックします。

「アップロード」ボタンをクリックすると変換が始まります。(「パワーポイントを変換中」と表示されますので、変換終了まで待ちます)

STEP6: スライドショーの編集画面が表示

スライドショーの編集画面が表示されます。
ナレーションを入れたので、キャプション欄に音声バーが表示されていることを確認します。

STEP7: 自動音声の設定をする

「設定を開く」をクリックします。

STEP8: スライドショーの詳細設定をする

音声合成のナレーションのついた自動で切り替わるスライドショーにするため、以下の設定をし、「閉じる」ボタンをクリックします。

[基本設定]

表示:「キャプションを表示する」のチェックを外す

[詳細設定]

用途別の自動設定で「自動再生スライドショー」を選ぶ

MEMO
スライドの下に、文字も表示させておきたい場合には、「キャプションを表示する」にチェックを入れてください。

STEP9: スライドショーを保存する

「保存」ボタンをクリックします。

まとめ

これで、ナレーションつきスライドショーを作成できました。
ナレーションに合わせて、スライドが自動で切り替わることを確認できます。

関連ページ

スライドショーを最後まで閲覧させる
分岐型スライドショーを作成する