分岐型スライドショーを作成する

はじめに

クラウド型eラーニングシステムeden LMSでは、「分岐型スライドショー」というコンテンツを作成できます。分岐型スライドショーでは、文章を読んでその答えを選ぶと、答えに応じてページが変わっていきます。
自分で考えながらスライドショーを進めていけるので、単調にならず、興味を持って学習できるコンテンツです。営業社員向けトレーニングなど、インタラクティブな学習が望ましい場面に効果的です。

分岐型スライドショーの動作イメージ

分岐型スライドショーの作成手順は「スライドショーを作成してから、分岐型スライドショーとしての設定を行う」というものになります。スライドショー自体の作成方法についてはパワーポイントからedenのスライドショーを作成するを参考にしてください。

やり方

STEP1: レッスンセクションの完了条件を設定する

レッスンセクションの完了条件を「スライドショーを最後まで閲覧する」に設定します。これで、スライドショーを最後までに進めなければ完了にならないページとなります。

STEP2: スライドショーの編集画面を開く

スライドショーの編集画面を開くために、「スライドショー(ダブルクリックで編集)」のアイコンをダブルクリックします。

STEP3: 「設定を開く」をクリックする

「設定を開く」をクリックします。

STEP4: スライドショーの設定を行う

「スライドショーの詳細設定」で「スライド番号を表示しない」をオンにし、「前後のスライドに移動するボタンを表示しない」もオンにします。これで通常のスライドと異なり、受講者による操作でスライドの前後移動ができなくなります。

STEP5: 「閉じる」をクリックする

「スライドショーの詳細設定」を閉じるために、「閉じる」をクリックします。

STEP6: キャプション欄で分岐の設定をする

キャプションの部分で分岐の選択肢を用意します。「#+1:あいうえお」と書くと、次のスライドに進む選択肢となります。たとえば「#+2:2枚先のスライドに進む選択肢」あるいは「#-3:3枚前のスライドに戻る選択肢」といった書き方ができますので、スライドの内容に合わせて分岐設定をしていきます。
また、「#5:スライド5へ進む」というように、+や-を書かずにスライド番号を直接記述することもできます。

STEP7: 「保存」をクリックする

「保存」ボタンをクリックします。

まとめ

以上の手順で、分岐型スライドショーの設定をすることができました。レッスンセクションのプレビューをクリックすることで、実際の動作を確認することができます。

レッスンセクション編集欄の「プレビュー」をクリックします。

分岐型スライドショーの動作が確認できます。