Azure ADとのSAML連携設定を行なう

はじめに

ここではAzure ADとのSAML連携設定を行なう手順を説明します。本設定を行なうには、シングルサインオンオプションが必要となります。

手順

STEP1: 「エンタープライズアプリケーション」をクリック

STEP2: 「新しいアプリケーション」をクリック

STEP3: 「独自のアプリケーションの作成」をクリック

STEP4: アプリケーションを作成

アプリケーション名を入力し、「ギャラリーに見つからないその他のアプリケーションを統合します」にチェックが入っていることを確認して「作成」ボタンをクリックします。

STEP5: アプリケーションが作成されたことを確認

STEP6: 「シングルサインオンの設定」をクリック

STEP7: 「SAML」をクリック

STEP8: 「メタデータファイルをアップロードする」をクリック

STEP9: ファイルアップロード画面を確認

STEP10: edenのシステム設定画面からメタデータファイルをダウンロード

STEP11: メタデータファイルをアップロード

STEP12: 「保存」をクリック

STEP13: 閉じるボタンをクリック

STEP14: 「いいえ、後でtestします」をクリック

STEP15: 証明書(Base64)をダウンロード

STEP16: edenに証明書をアップロード

STEP17: アップロードされたことを確認して保存

STEP18: 「ユーザーとグループ」をクリック

STEP19: 「ユーザーまたはグループの追加」をクリック

STEP20: 「選択されていません」をクリック

STEP21: ユーザーを選択して「選択」をクリック

STEP22: 「割り当て」をクリック

STEP23: 「プロパティ」をクリック

STEP24: 「ユーザーのアクセスURL」をコピー

このURLからシングルサインオンを行うことができます。