作成したコンテンツをユーザーに割り当てる

はじめに

eラーニングシステム「eden LMS」では、「コース」という単位でコンテンツをグループ化し、受講者に割り当てていく形となります。ここでは、あたらしいコースを追加する方法を説明します。

やり方

STEP1: 受講管理の「コース管理」をクリックする

管理画面メニューの「受講管理」にマウスオーバーすると表示される「コース管理」をクリックします。

STEP2: 「新規作成」をクリックする

「新規作成」ボタンをクリックします。

STEP3: コース名を入力する

「コース名」に「テストコース」と入力します。

STEP4: 「対象ユーザーグループの追加」をクリックする

「対象ユーザーグループの追加」をクリックします。

STEP5: 受講期間とユーザーグループを設定する

受講期間の終わりを1ヶ月後に設定し、「受講者グループ(サンプル)」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

STEP6: 「対象コンテンツ」タブを開く

「対象コンテンツ」タブをクリックします。

STEP7: 「コンテンツ」をクリックする

「コンテンツ」をクリックして作成済みのコンテンツ一覧を表示します。

STEP8: 「対象コンテンツ」を選択する

「edenサンプルコンテンツ」にチェックを入れます。選択されたコンテンツは画面右の「選択済み教材」に表示されます。

STEP9: 保存する

「保存して閉じる」ボタンをクリックします。

さいごに

これでコースの追加が完了しました。受講者メニューを表示して、新しいコースが追加されていることを確認してみてください。
今回はサンプルのため既存のコンテンツを含めたコースを作成してみましたが、対象コンテンツを変更することにより、さまざまな内容のコースを作成できます。