コースを不特定多数に向けて販売する

はじめに

eden LMSでは、講座の販売情報を設定することができます。この機能を使うことで、受講者自身でコースを選択し、ユーザー登録や決済まで行うことが可能です。
また、コースの有料販売を行なう場合はStripeという決済サービスと連携する形になります。(受講者の支払った金額が、Stripeのアカウントに入金されるという流れになります。)このページでは、Stripeとの連携設定と合わせて、コースの公開設定方法を説明します。

MEMO
本機能は現在利用可能なアカウントを限定させていただいています。試してみたい場合は、管理画面右上の「ご質問・お問い合わせ」からお問い合わせください。

手順1.Stripeのキーを設定する

初回のみ、Stripeのキーを設定します。
Stripe管理画面より取得した「公開可能キー」と「シークレットキー」を、edenの管理画面で設定する、という流れになります。

STEP1:「APIキー」を開く

Stripeの管理者画面で、「開発者」タブより、「APIキー」を開きます。

STEP2:キーを取得する

「標準キー」より、「公開可能キー」と「シークレットキー」を取得します。

STEP3:「アカウント管理」画面を開く

edenの管理画面で、「その他のメニュー」タブより、「アカウント管理」画面を開きます。

STEP4:「システム設定」画面を開く

アカウント設定画面で、「システム設定」をクリックします。

STEP5:キーを入力する

システム設定画面で、「Stripeの公開可能キー」と「Stripeのシークレットキー」の欄に、STEP2で取得した「公開可能キー」と「シークレットキー」を入力します。

STEP6:保存する

「保存」をクリックします。
以上で、Stripeのキーの設定が完了しました。

手順2.各コースの販売情報を設定する

edenの管理画面から、各コースの販売情報を設定します。

STEP1:「コース管理」画面を開く

edenの管理画面で、「受講管理」タブより、「コース管理」画面を開きます。

STEP2:「コース編集画面」を開く

販売情報を設定したいコースの、「編集」をクリックします。

STEP3:「販売情報編集」画面を開く

「コース編集画面」で、「販売情報編集」をクリックします。

STEP4:販売情報を入力する

「コースの販売情報設定」画面で、「価格」と「受講期間」を入力します。
「公開する」にチェックを入れると、入力欄の下に表示されている購入用URLから、ユーザー登録あるいは購入の画面を開くことができます。

STEP5:保存する

「保存」をクリックします。
以上で、販売情報の設定が完了しました。

さいごに

購入用URLへアクセスすると、購入ページが表示されます。受講者はこちらの画面から講座を購入する形となります。