メールアドレス以外のユーザーIDを利用する方法

eラーニングシステム「eden LMS」では、標準の設定ではユーザーIDとしてメールアドレスを設定していただくようになっています。しかし、たとえば「メールアドレスを持っていないパートタイムの社員にもeラーニングを実施したい」といった場合に対応できるように、以下の2つの方法をご用意しています。

  1. ダミーのメールアドレスで登録する
  2. ユーザーIDを半角英数字に切り替える

1. ダミーのメールアドレスで登録する

ダミーのメールアドレスとして、末尾が「@eden」あるいは「@example.com」となっているメールアドレスを使用できます。たとえば「test@eden」や「user01@example.com」といったメールアドレスです。
上記のようなメールアドレスで登録すると、ログインはできますが、メールを受信することはできません。(管理画面からお知らせメール等を送っても、実際にはメール送付は行なわれません。)ほとんどのユーザーはメールアドレスを持っているが、ごく小数のユーザーのみがメールアドレスを持っていない、といった場合にご利用ください。かなりの割合のユーザーがメールアドレスを持っていないという場合は、以下の「2. ユーザーID種別を半角英数字に切り替える」を検討いただくとよいかと思います。

2. ユーザーID種別を半角英数字に切り替える

アカウントの設定を切り替えることで、ログインID種別を半角英数字にすることができます。ユーザーID種別を半角英数字にした場合は、ユーザーIDとメールアドレスがそれぞれ別の項目として設定できるようになり、メールアドレス欄については空のままでもユーザー登録できるようになります。

ただし、メールアドレスが設定されているユーザーであれば、管理者からお知らせメールを送信したり、あるいはユーザーがパスワードを忘れた場合に、ユーザー自身でリセットができるようになります。そのため、特に理由がなければ標準設定である「ユーザーID=メールアドレス」の形で利用することをお勧めしています。

半角英数字でのユーザーIDを利用したい場合は、お問い合わせ窓口からご連絡ください。

(参考)ユーザーID種別によるユーザー編集画面の違いについて

・「ユーザーID=メールアドレス」のときのユーザー編集画面

・「ユーザーID=半角英数字」のときのユーザー編集画面
ユーザーIDとメールアドレスを別々に設定できるようになっており、メールアドレス欄については「必須」がついていないことが確認できます。