ユーザーを一括インポートする方法

はじめに

eラーニングシステム「eden LMS」で、ユーザーをまとめて追加する方法を説明します。

一括インポートの流れ

Excelなどのソフトで、ユーザーの一覧を作成し、それをCSVファイルとして保存したものをアップロードすれば、まとめてユーザーを追加することができます。CSVファイルの書式については、サンプルファイルがダウンロードできるので、それを修正していく方法が分かりやすいかと思います。

やり方

STEP1: ユーザー管理タブを開く

管理画面で「ユーザー管理」タブをクリックします。

STEP2: 「一括処理」をクリックする

「一括処理」をクリックします。

STEP3: 「ユーザーの一括追加」をクリックする

「ユーザーの一括追加」をクリックします。

STEP4: サンプルのCSVファイルをダウンロードする

「こちら」のリンクをクリックします。するとCSVファイルをダウンロードすることができます。

STEP5: ダウンロードしたCSVファイルに、追加するユーザーの情報を記入する

ダウンロードしたCSVファイルに、追加するユーザーの情報を記入します。書式については、ユーザーIDが「メールアドレス」なのか「半角英数字」なのかによって違います。詳しくはインポート画面にある説明を参照してください。

STEP6: 記入したファイルを保存する

編集したCSVファイルを保存します。

STEP7: edenに戻り、「参照」ボタンをクリックする

「参照」ボタンをクリックします。

STEP8: CSVファイルを選択する

先ほど編集したCSVファイルを選択します。

STEP9: アカウントをロックする場合は「アカウントのロック」にチェックを入れる

アカウントをロックした状態でインポートする場合は、「アカウントのロック」にチェックを入れます。

STEP10: 保存先のフォルダを選択する

保存先のフォルダをクリックします。既定ではルートフォルダ(最上位フォルダ)になっています。

STEP11: 所属させるユーザーグループにチェックを入れる

所属させるユーザーグループにチェックを入れます。

STEP12: 「入力画面の確認」をクリックする

「入力画面の確認」をクリックします。

STEP13: 内容を確認して「保存」ボタンをクリックする

追加されるユーザーの名前一覧が表示されるので、確認した上で「保存」ボタンをクリックします。

STEP14: 追加されたユーザーを確認する

追加先のフォルダが表示されるので、追加されたユーザーを確認します。

さいごに

これでユーザーをまとめて追加することができました。