本番形式のテストを作成する方法

はじめに

eラーニングシステム「eden LMS」で本番形式のテストを作成する方法を説明します。

「問題セクション」と「テスト」について

e-learningシステム「eden LMS」においては、解くためのコンテンツとして「問題セクション」と「テスト」の2種類があります。

通常の確認テストとしては「問題セクション」をそのまま出題する形となります。(選択式問題を追加する方法などで説明している形です。)テキストセクションなどで説明した内容を理解できているかチェックするという用途なので、必ず毎回同じ問題が出題され、全員が満点を満点を取るまでチャレンジするという使い方になります。

一方、資格試験などのように、合格点や制限時間を設定したり、出題する問題を受講者ごとにランダムに変えたりする場合は「テスト」を使用します。「テスト」であれば、たとえば分野Aの問題20問のうちから5問、分野Bの問題25問のうちから5問、といった出題方法も可能です。

「テスト」を作成する場合にも、コンテンツ作成機能で作成した問題セクションから出題範囲を設定することになるので、まずはテストの「材料」となる問題セクションを作っておく必要があります。

それでは、テストの作成方法を説明していきます。

手順1.全般設定をする

まずテストを作成し、全般設定を行います。

STEP1: コンテンツ管理タブを開く

管理画面で「コンテンツ管理」タブをクリックします。

STEP2: 「テスト管理」をクリックする

「テスト管理」をクリックします。

STEP3: 「新規抽出テスト」をクリックする

「新規抽出テスト」ボタンをクリックします。

STEP4: 「テスト名」を入力する

「テスト名」を入力します。

STEP5: 「制限時間」を設定する

制限時間つきのテストにする場合、「制限時間を設定する」にチェックを入れ、制限時間を入力します。(分単位)

STEP6: 「合格点」を設定する

合格点をつけるテストにする場合、合格点を入力します。(点数の計算方法は、通常は「正解した問題数÷問題数×100」となります)

STEP7: 解答後の解説表示方法を設定する

「解答後の解説表示」を選択します。既定では「常に表示する」となっていますが、必要に応じて「合格したときのみ表示する」や「指定したライン以上の得点なら表示する」などが選択できます。

手順2.出題範囲を設定をする

次に、出題範囲を設定します。

STEP8: 「対象コンテンツ」タブをクリックする

「対象コンテンツ」タブをクリックします。

STEP9: テスト範囲を指定する

テスト範囲を選択します。チャプターに含まれる問題セクションすべてを出題範囲とすることも、個別の問題セクションを指定することもできます。

手順3.出題方法を設定をする

最後に、出題方法の設定します。

STEP10: 「出題設定」タブをクリックする

「出題設定」タブをクリックします。

STEP11: 「出題方法」を設定する

「試験範囲から全問出題」するか「出題数を詳細指定する」のいずれかを選択します。各分野ごとに出題数を指定する場合は「出題数を詳細指定する」を選択してください。また、問題の並びをシャッフルする場合は「問題をシャッフルする」にチェックを入れます。(「出題数を詳細指定する」の場合は自動的にシャッフルとなります。)

STEP12: 出題方法の詳細を設定する

「出題数を詳細指定する」を選択した場合は、画面下に出題範囲が表示されるので、その中から各分野ごとに出題数を入力します。出題数はチャプターごとに設定することも、問題セクションごとに設定することもできます。

STEP13: 配点設定を設定する

配点方法を「指定しない」「個別で指定する」のいずれかを選択します。「個別で指定する」を選択した場合は、出題数と同じように、チャプターごとに設定することも、問題セクションごとに配点を設定できます。

STEP14: 「保存して閉じる」をクリックする

「保存して閉じる」をクリックします。

さいごに

これでテストを作成することができました。コース編集画面の対象コンテンツ選択画面で、「テスト」をクリックすると、「テスト管理画面」で作成したテストを、コースの対象コンテンツに含めることができます。

既定の設定では、前のチャプターの一部として表示されるようになっています。

「独立したチャプターとして表示する」にチェックを入れることで、テスト自体を独立したチャプターとして表示させることができます。

「独立したチャプターとして表示する」にチェックを入れると次のような表示になります。